お見合いしてからから結婚までの平均期間はどれくらいになるのでしょうか?婚活の参考にして下さい。

お見合いしてから結婚するまでの平均期間はどれくらい?

お見合いしてから結婚するまでの平均期間はどれくらい?

お見合いしてから結婚するまでの平均期間は、半年~1年未満とされています。

もちろんその期間内で結婚したいならば、それなりの準備をしないといけません。

結婚までの期間を短くするための準備には下記のようなことが挙げられます。
 

お見合いの準備

お見合いをするにあたって、とりあえず準備が必要なものが釣書とお見合い用の顔写真になります。

お見合い用の顔写真は、女性であれば振袖などの着物、もしくは洋装ならば清楚な感じでドレッシーなものになります。

一方で、男性の場合には、背広に白色のワイシャツが一般的です。

お見合い用の顔写真意外にも、日常の姿を知ってもらう為に、スナップ写真を2~3枚添えるとその人の趣味なども伝えることができます。

相手に好感を持ってもらいやすくすることにつながるのでスナップ写真も欠かさず添えて下さい。


釣書に記載する項目には、本人の本籍や現住所、学歴・職業に趣味、そして家族状況などを簡単に加えます。

特に、本人の経歴には身長や体重、既往症などの健康状態を記載するのを忘れてはいけません。

家族状況については、本人から見た続柄とアンダーネーム、年齢と勤務先もしくは学校名を記載するのが一般的です。


更に、男性の場合は、末尾に備考欄を設けて、結婚後の親との同居についてであったり、現在の収入やおおよその資産を明記するのも礼儀になります。

もしも、釣書の中に備考欄を設けるのを避けたい場合には、別紙に記入をして仲立ち人の口から相手に伝えてもらうように致します。

お見合いをする際に、どうしても譲れない条件がある場合は、事前に仲立ち人に伝えておきます。

自分にとって不利な点なども包み隠さず、仲立ち人に伝えておく気持ちが大切となります。

例えば、転勤が多い職業など、お見合いの前に熟慮してもらう必要があるものは、仲立ち人に伝えるのを忘れてはいけません。

次はお見合い写真の撮り方について紹介します。

 

お見合い写真の撮り方

お見合い写真は、写真スタジオなどで撮影をするのが一般的です。

その場合、着物なら振袖を、洋服ならばイブニングドレスなど、ドレスアップをしていくのが良いでしょう。

もしも、洋服を着用するのなら、白色や中間色のものを選ぶと、顔が明るく見えるようになります。

特に女性の場合、小柄でほっそりとした女性は、明るい暖色系のものを着用すると見栄えが良くなります。

デザイン的にはフレアーの多いスカートやワンピースなど、ふくよかな感じのものが良いといわれています。

また、痩せている女性はアクセサリーも華やかな雰囲気のコサージュなどが効果的です。


その一方で、大柄でふくよかな女性は、少し寒色系の着用すると見栄えが良くなります。

デザインも身体にふわっと纏いつくようなものよりも、少しピシッとしたスーツなどが良いとされています。

アクセサリーも華やかなものは裂けて、パールなどの落ち着いたものを、さりげなく付けると効果的です。


このように洋服は自分の好みだけで決定するのではなく、家族や周囲の人の意見も聞き入れながら、目的や体格に応じて色合いを選ぶことが大切です。

派手な服装は避け、自然の美しさを表現できるものを選ぶことがポイントになります。

女性がお見合い写真を撮る際のポーズは、正面向きの写真を避けて、必ず右または左に少し斜めに立つのがコツになります。

右足を少し前に出して、左腰を軽く後ろに捻る感じにすることで、右足先と左腰と右肩の3点がS字になる、Sラインポーズが有名です。