お見合いしてからから結婚までの平均期間はどれくらいになるのでしょうか?婚活の参考にして下さい。

お見合いしてから結婚するまでの平均期間はどれくらい?

お見合いからお付き合いまでの回数

恋愛でなくお見合いで異性と知り合ったときには、元々結婚を前提としたお付き合いをするための出会いの場となっています。

あまり長期的に引き伸ばすのは相手に対しても失礼です。

そのため、一般的にはお見合いからお付き合いするかどうかを決定するまでの回数として、<span style="font-size:24px" class="lbg"><span style="color:#FF0A0A"><strong>三回</strong></span></span>までに結論を出すという風潮があります。

もちろん、個人差はありますし、お互いや周囲が納得していれば、これよりも回数を増やしてデートを重ねるということも可能です。

しかし、紹介者やお互いの家族、仲人なども顛末を気にすることが多いので、できるだけ早めに自分の意思を伝えるようにしましょう。


お見合いでは、始めのうちはお互いに緊張していますし、取り繕った対応をしますので相手の本音が分かりにくくなっています。

しかし、何度か二人きりでデートを繰り返すことにより、<strong>フィーリングが合うかどうかが徐々に分かってきます。</strong>

回数に限りもありますので、だらだらと付き合うのではなく、毎回集中力を発揮して、相手との相性について考えながらデートを楽しむようにしましょう。

なお、体裁を取り繕うだけでなく、失礼のない範囲で自分らしさを出していくことも、お互いを知り合うための重要なポイントとなっています。

 

告白までの流れ

お見合いをしたときには、第一印象で相手とお付き合いをするかどうかを決める場合もあります。

ほとんどの場合、お見合いの席では相手の印象は不確かなものになってしまいます。

その後何度かデートをすることによって本格的にお付き合いするかどうかを決めるという流れになります。

しかし、第一印象で合わないと感じたときや、元々お見合いに乗り気でなかったという場合には、<span style="color:#FF0A0A"><strong>顔を合わせた後すぐに断りを入れる場合もあります。</strong></span>

もちろん、断られた側にとっては悲しい思いもあります。

婚活をしている人にとっては可能性の低い付き合いを続けるよりも、次に進んだほうが良い場合もあります。

この場合は気持ちを切り替えて新しい出会いを期待しましょう。


デートが3~4回程度続くと、その後本格的にお付き合いするかどうかを決めることになります。

断りは仲人を通して行うことがほとんどですが、告白の場合は直接相手に伝えなければなりませんので、お互いに両思いになるかどうかが重要なポイントです。

結婚を意識した付き合いになりますので、あらかじめその話題で意見が一致しているか確認する必要もあります。

結婚を前提として告白したり、返事をするようにしましょう。